支援業務室の概要

組  織

ひびき支援業務室は、公益社団法人西部海難防止協会に所属する組織です。

業務の概要

 ひびき支援業務室は、北九州市港湾空港局が施工する響灘東地区処分場整備事業の護岸築造工事の実施に当たり、海上工事の安全と円滑な遂行及び付近通航船舶の安全を確保するため、同工事に関する情報、入出港船舶情報、気象・海象等の各種情報を収集し、これらの情報を工事関係者及び通航船舶等の関係者に迅速、的確に提供することにより、海上工事の安全と円滑な遂行及び通航船舶の安全を確保しています。
北九州港響灘地区を見渡せる場所に事務所を置き、監視カメラ、フィールドスコープ、AIS受信機等を駆使して、工事作業海域及び付近海域を通航する船舶のリアルタイムな動静情報を収集し、関係者に提供しています。

業務の内容

(1) 響灘東地区処分場業務に関する情報収集・調査業務

 工事関係者から工事の予定及び実施情報(作業内容、作業時間、調査船の稼働状況、作業船等の配置状況及び可航幅の確保状況等)を収集・調査しています。

(2) 入出港船舶及び通航船舶に関する情報収集・調査業務

 作業前日に、船会社、船舶代理店等関係者から北九州港響航路における入出港船舶及び通航船舶の動静に関する情報を収集・調査しています。

(3) 情報分析・伝達業務

(1)(2)により得られた情報を総合的に分析し、必要に応じて行き会い調整等の検討を行い、工事関係者及び通航船舶へ迅速に伝達しています。

(4) 作業船の運航調整等の検討・調整業務

 気象・海象情報等から作業船と通航船舶との行き会いのおそれがある場合、作業船の運航調整について指導、助言を行っています。

(5) 緊急時における情報収集及び伝達

 海難事故等の緊急時における情報を収集し、速やかに関係機関、関係者へ伝達するとともに、海難事故情報の分析を行っています。

(6) 一般通航船舶等への対応

 一般通航船舶等からの問い合わせに迅速に対応しています。