新門司沖支援業務室は、九州地方整備局北九州港湾・空港整備事務所が施工する新門司沖土砂処分場地盤改良工事の実施にあたり、工事作業に関する情報、工事海域付近通航船舶並びに苅田港及び北九州港(新門司地区等)の入出港船舶に関する情報、気象海象等の各種情報を収集し、これらを検討分析して工事関係者及び航行船舶等に一元的に提供することにより、海上工事の安全と通航船舶の安全を支援しています。


お知らせ

平成29年度新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)地盤改良工事の実施について
  (工事の詳細については、上記「海上工事情報」欄の本工事名をクリックするとご覧になれます。)
 1 工事期間:平成29年12月8日(金)~平成30年3月下旬
        原則として、工事は月曜日~金曜日の平日に実施しますが、土・日曜日及び祭日にも工事を実施する場合があります。
        (工事開始時刻は、決定次第お知らせします。)
 2 工事時間日出から日没の間(ポンプ浚渫時は24時間)
 3 工事場所:北九州空港島南東海域(作業区域を明示するため10基の黄色灯浮標(灯質 黄色 4秒 1閃光)が設置されています。) 
 4 工事概要:工事区域の灯浮標設置(潜水作業を含む。)→潜水探査→浚渫(グラブ・ポンプ)→置換(基礎石投入)→灯浮標撤去(潜水作業をむ。)
         の順で実施されます。
  5 安全対策工事実施時には、警戒船3隻を配置するとともに作業船には、海上衝突予防法に定められた形象物(灯火)の作業中を示す標識を揚げます。
        ※ 工事場所付近を航行する船舶へのお願い
         (1) VHF16CHの聴取をお願いします
         
(2) 工事期間中は、本工事区域内(灯浮標設置)へ入域することがないようご協力をお願いします
                                                           【平成30年1月15日更新】

作業予定

       平成30年2月19日(月)     【平成30年2月16日 1700更新】
工事件名 作業内容 作 業 時 間 作 業 船 警戒船等
平成29年度新門司沖
土砂処分場(Ⅱ期)
地盤改良工事
グラブ浚渫
土運船運搬
(揚土)
予定時間 1300~1700 浚渫船:関雄 警戒指揮船:かすが
警戒船:第2香栄丸
他隻
 実施時間 -
備  考  作業区域図はこちら  ※ 土運船が浚渫土砂運搬のため工事区域⇔新松山地区(揚土場)間の本港航路を航行します。

週間作業予定

平成30年2月19日(月)〜 平成30年2月25日(日) 
工事件名 2月19日( 2月20日(火) 2月21日(水)  2月22日(木) 2月23日(金) 2月24日( 2月25日(
平成29年度新門司沖
土砂処分場(Ⅱ期)
地盤改良工事
グラブ浚渫
1300~1700
グラブ浚渫
0800~1700
グラブ浚渫
0800~1700
グラブ浚渫
0800~1700
グラブ浚渫
0800~1700
グラブ浚渫
0800~1700
作業なし
備  考