お問い合わせ アクセス

海難防止に関する安全情報を提供する事業

 船舶が輻輳する海域での海上工事作業では、事業者等の委託を受けて工事海域付近に船舶航行安全支援業務室を設置し、工事と船舶交通の安全に関する各種情報を収集、分析し、通航船舶等に提供する安全情報提供事業を行っています。また、海難に関する事項の研究結果、海難防止に関する安全対策の調査結果及び船舶航行安全支援業務室が収集した海上工事作業等に関する安全情報等をインターネットホームページで公開しています。


 航行安全支援業務

 海上工事等を行う場合、工事の発注者及び施工者は工事海域で必要とする安全対策を講じることが求められていますが、船舶が輻輳する海域については、一般通航船舶と工事関係船舶との運航の調整等が必要となる場合があります。これらの調整は、海上が社会共有の活動の場であることから中立、公正な立場で行う必要があります。当会では、事業者等発注者の委託を受けて工事海域付近に船舶航行安全支援業務室を設置して、航行安全の専門知識を有する者を配置するとともに、監視カメラ、船舶自動識別装置等を駆使して船舶交通の安全と工事に関する各種情報を収集、分析して、迅速に情報提供することにより、工事の安全と円滑な遂行、通航船舶の安全確保を図っています。

【運用中の支援業務室】

・関門支援業務室(統括室、前田事務所、若松港口事務所)  ・新門司支援業務室   ・苅田支援業務室
・新門司支援業務室 ・宇部支援業務室 ・那覇支援業務室  ・奥洞海支援業務室   ・新天門支援業務室

支援業務室フロー図
協会案内
ライブラリー
関連情報